姫路市のインプラントは森本歯科医院|症例多数
HOME>よくあるご質問Q&A

よくあるご質問Q&A

インプラント治療をして身体に影響はないのですか?
インプラントに使われる金属(チタン)は世界中でも最もアレルギーの起こりにくい金属と言われています。
骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。
インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
抜歯と同じ程度でほとんど痛みはありません。
インプラント手術は、麻酔をかけたうえで行い、生体モニターなどを用いて痛みのコントロールを行ったりもしますので、抜歯と同じ程度でほとんど痛みはありません。 また、恐怖心の強い方には軽い全身麻酔を行いますので、皆さん「全然、恐くなかったし、良かったわ。」といわれます。
インプラント治療の途中でも仮歯は装着できますか?
仮歯は通常手術当日から装着できます。
しかし埋入した部位に過度の刺激を与えるのを避けるために、抜糸してから二週間程度経過したあとで装着することをおすすめします。
インプラント治療期間中に食事は問題なくできますか?
手術した後、通常は2~9ヶ月程度は、なるべく固いものは避けることをお勧めしています。
インプラント周囲骨が安定したら、問題なくお食事いただけます。
インプラントはどの程度、持ちますか?
インプラント自体はチタンという金属製なので半永久的に機能します。
しかし、メインテナンスがしっかりできていないとインプラント周囲の骨が痩せてきて動いてしまいます。長く機能させるためにも、メインテナンスが重要です。メインテナンスが充分行われれば何十年も持って不思議ではありません。
インプラントのメインテナンスはどうするのでしょうか?
基本的には、天然歯と同じです。家庭内では毎日の歯みがきが大事です。
歯と歯の間を掃除するデンタルフロスや歯間ブラシを用いるとより効果的です。また、歯科医師による定期検診も重要です。 インプラントには神経が通っていませんので異常を発見することが天然の歯よりも遅れがちです。年に2~6回の定期検診が必要です。
歯が一本もなくてもインプラント治療はできますか?
歯がすべて抜けてしまって、一本もなくてもインプラント治療は可能です。
肝心なことは、顎の骨がインプラント治療をできる状態(顎の骨の量がある)かどうかなのです。
タバコを吸うことは、インプラントに影響しますか?
喫煙者のインプラントの成功率は、非喫煙者に比べる明らかに下がると言われています。
また残存歯がある場合、それらが歯周病にもなりやすくなります。もし、禁煙ができれば歯もインプラントも大喜びするでしょう。
インプラントの手術の時には入院が必要ですか?
埋入する本数にもよりますが、特別な場合を除けば入院の必要はありません。
通常インプラント手術は日帰り手術で行うのが普通です。当院では全て日帰り手術を行っております。
糖尿病でもインプラント治療はできますか?
軽度の糖尿病患者様であれば治療を受ける事が出来ます。
医師の管理のもと、十分にコントロールされている軽度の糖尿病患者様であれば治療を受ける事が出来ますが、状態によって出来ないことも考えられますので、ご相談ください。
歯並びが悪くてもインプラント治療はできますか?
可能です。
もちろん可能ですが、あまりにも歯並びが悪いと、歯ブラシがしにくい、咬合力のバランスが悪いなどの理由でインプラントに悪影響が出る可能性もあるので、歯列矯正を終えた後のインプラント治療をおすすめする場合もございます。
問い合わせ